家の印象を変える階段 | 浜松市周辺の不動産をお探しなら浜松賃貸ネットにお任せ下さい。

浜松賃貸ネット
053-401-2105
家の印象を変える階段

私は最近、色々なタイプの家にお邪魔する機会が増え、その度に階段の種類の違いが気になりました。一番昇りやすかったのは、まっすぐ昇るだけの階段でしたが、おしゃれな感じの階段は少し昇りにくく感じたものの、見ていて楽しくなりました。階段は2階以上の家であれば必ず必要となる、大切な要素の一つです。毎日暮らす家で使うものなので、もちろん昇りやすさも重要なはずです。そこで今回は、階段の種類や豆知識を紹介したいと思います。

 

階段の種類

①らせん階段

階段を螺旋状に回転しながら昇り降りしていく形になるのが「らせん階段」と呼ばれるものです。他のものに比べて特徴的な見た目となるため、おしゃれなインテリアを演出することもできます。また、そのすっきりしたフォルムから、外からの光を遮ることなく、明るい室内とすることもできます。場合によっては、他の階段よりも小さいスペースで収まることもあります。

 

②直階段

曲がったり折れたりすることなく、名前の通りまっすぐ昇り降りするのが「直階段」になります。あまりコストをかけることなく設置もできます。

 

③かね折れ階段

階段が途中で折れ曲がり、L字に昇り降りするタイプが「かね折れ階段」と呼ばれるものです。万が一転倒した場合、一番下まで落ちてしまうことがないので、安心感のある階段でもあります。

 

④折り返し階段

かね折れ階段をさらにもう一度折り曲げて、U字型に昇り降りするタイプが「折り返し階段」となります。周囲を壁に囲まれる場合が多い種類なので、壁に自由に飾りや棚などを造作しながら、ギャラリースペースとしてこの空間を演出できるように工夫されている家もあります。

 

⑤カーブ階段

円弧を描きながら昇り降りをするのが「カーブ階段」です。水平・直角といった枠に収まらない独特のカーブで空間を演出することができます。直階段よりも少し小さいくらいのスペースが必要になります。

 

⑥箱型階段

踏み板と蹴込み板で、箱のように階段裏が覆われるのが「箱型階段」です。このタイプのメリットは、階段裏のスペースを収納として利用することができたり、トイレとしても有効活用できたりする点です。裏側は隠れてしまうので、コスト面でも有利となる魅力を持っています。

 

⑦オープン階段

箱型階段とは対称的に、階段裏のスペースが開かれた形となるのが「オープン階段」です。この種類の良さは、軽快な見た目となることから、リビングに設置できるような、インテリアをおしゃれにしてくれる一つのアイテムとなってくれることです。鉄骨で造ることでより軽い印象にもなります。また、その分光を遮る量も減り、明るい室内にもしてくれます。階段下のスペースに観賞用の植物を置くなどすれば、より部屋の印象をオシャレにすることができるでしょう。

 

階段の豆知識

①家の中央にある階段は良くない

家の中央には窓がないことが多く、暗くなりがちです。照明器具がない時代では、家の中央の階段は薄暗く、そのせいで転倒事故などが起きていました。そのため、家の中央の階段は凶であるとされてきました。さらに、家の中央にある階段は気が滞りやすいので、こまめに拭き掃除をして綺麗にしておくのがいいです。

 

②絵画や家具を置く

階段に絵画や写真、観葉植物を置くことは、気の流れを緩やかにしたり、良い気を取り込んだりすることができるとされています。

 

③木製の階段は吉

気の流れが速くなると気持ちも急ぎがちになり、思わぬ事故を起こしてしまう場合があります。木製の階段であれば、その上から絨毯で覆うと、気の流れが緩やかになります。いぐさなどの天然素材のものは特にいいそうです。

 

④階段の下に神棚や仏壇を作るのはNG

階段の下に神棚や仏壇を設置するということは、間接的にとはいえ、神様や仏様を踏みつけていることになるので、良くないとされています。無自覚のうちにこのような配置にしてしまっている家も多いかもしれないので、今一度位置関係を見直してみましょう。

 

みなさんも、階段を物件選びの一つの参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

さて、最近私が飲み会の際に初めて行った、浜松市のお店を紹介したいと思います。そこはホテルクラウンパレス内にある「りょうぶん橋を渉って」というお店で、おしゃれな雰囲気でお酒を楽しめます。お肉もお刺身もあり、メニューも豊富です。私は桜エビの刺身が新鮮で美味しく、気に入りました。飲み会にだけでなくランチにも最適なメニューがあり、日替わりランチは680円でコーヒー付きということでした。みなさんもぜひ、家族や友人などと出かけてみてください。

 

住所

浜松市中区板屋町110-17 1F

 

営業時間

11:00~14:00、17:00~0:00

 

定休日

日曜日

 

電話番号

053-413-0345

投稿日:2020/01/25   投稿者:名倉