住まいの生け垣 | 浜松市周辺の不動産をお探しなら浜松賃貸ネットにお任せ下さい。

浜松賃貸ネット
053-401-2105
住まいの生け垣

最近、私の住んでいるマンションの来客駐車場の横の生け垣の木が、だいぶ伸びてきました。友人が遊びに来るたびに支障をきたしているので、管理会社に連絡して切ってもらいましたが、この生け垣がないと駐車場の横の施設との境目の隔たりがなくなってしまうので、とても重要な生け垣です。アパートやマンションだけでなく、生け垣は一軒家にもよく見かけると思います。普段当たり前に存在しているこのような生け垣でも、実はただの隔たりだけではなく重要な役割を果たしています。そこで今回は、住まいの生け垣の効果について紹介したいと思います。

 

★生け垣とは

隣接した住居との間に境界線代わりとして植えたり、道路から住居内が見えないように目隠しとして植えたりする樹木や植栽のことです。

 

生け垣のメリット

①見た目が美しく、季節を感じられる

生け垣は生きた植物でできているため、人工的なブロック塀やフェンスよりも圧迫感がなく優しい存在です。紅葉やキンモクセイなどを植えれば、季節によって花や葉の様子が映り変わり、四季折々の景色を楽しむことができます。生け垣は目隠しや境界線としての役割も果たしながら、植栽の連なりが作り出す美しい景観の一部として重要な存在なのです。

 

②外からの目隠しが自然にできる

生け垣は自然な存在として隣家や道路に隔たりを作るため、景観に溶け込みやすく違和感を残しません。何気なくプライバシーを守れます。一方で強固なブロック塀で周りを囲むと、閉塞感や圧迫感が出てしまいます。また、近隣の住民にとっては、異常に警戒されているイメージをもったり、関係をシャットアウトされたと感じてしまったりということもあります。目隠しとしては完璧ですが、人工塀特有の冷たさや物寂しさは否めません。

 

③防火・防風・防音の役割がある

家の周りに他の建物がない農地や開けた場所にある住宅地は、雨風を遮るものがなく自然災害の強い力をもろに受けてしまいます。そのため、家が受ける衝撃を軽減するために、壁のような役割をする生け垣が使われます。また、生い茂った葉は外からの音を反射させ、住宅内へ音を届きにくくしてくれます。樹木が水分を多く含んでいれば、火災の際に延焼を抑える働きもあり防火効果も期待できます。

 

生け垣のデメリット

①トラブルの原因になる

枝が伸び隣家の敷地内に侵入したり、根が見えない間に範囲を広げて隣の庭に浮き出てきたりというトラブルの原因になる事があります。数年前はさほど迷惑に感じられなかった隣家の落ち葉も、成長して葉の数が多くなれば隣人のストレスになってしまいます。隣家への影響は住人側からはわかりにくいため、日頃からの細やかなメンテナンスが重要になります。

 

②通行人を妨害してしまうことがある

歩道に大きく突き出たような生け垣の枝を、一度は見たことがあると思います。生け垣は道路の境界線ぎりぎりに植えていることが多いため、すぐに敷地外にはみ出てしまうからです。生け垣の枝が道路に侵入することで、通行の妨害になります。また、枝の存在に気付かずに通行人が怪我をしたり、枝や葉が車体を傷つけたりすることもあります。

 

③害虫が発生しやすい

生け垣は対策せずに放っておくと、自然に害虫が発生します。多少のクモや蟻が寄り付くことは問題になりませんが、植物の養分を吸い取る生物が大繁殖すると、生け垣が病気にかかったり枯れてしまったりします。また、害虫だけでなくカビも要注意です。

 

④定期的な手入れが必要となる

生け垣が成長する時期には必ずハサミを使って枝を切り落としたり、量を減らしたりする作業が必要です。日頃からは水やりや肥料を与えるメンテナンスが欠かせません。害虫対策は毎年冬の間に予防の散布薬をまき、卵が孵化する春から夏にかけては何度も消毒散布を行います。発生してしまった害虫は手でひとつずつ除去する必要があります。

 

みなさんも住まいの生け垣と上手に付き合い、住まいの敷地を快適なものにしましょう。

 

さて、テイクアウトの需要が高まっていますが、最近浜松市でテイクアウト餃子専門の美味しいお店を見つけたので紹介したいと思います。そこは西区にある「丸和商店」というお店で、生餃子と冷凍餃子が売っています。私が行ったときは混んでいませんでしたが、行列ができる人気店のようなので、基本的に予約してから行った方が良いそうです。たれがサービスでついていますが、ラー油入り醤油ダレ・酢醤油ダレ・みそだれから選ぶことが出来ます。私はラー油入り醤油ダレにしました。この餃子ですが、皮にこだわっているのか皮からして美味しく感じました。具材も全体的に多く、野菜と肉とにんにくのバランスが取れていて、とても美味しかったです。さらにこのお店はコスパがいいと評判です。たくさん入って金額も安いので、人気の理由がわかります。みなさんもぜひ、丸和商店の餃子を食べてみてください。

 

住所

浜松市西区大久保町2689

 

営業時間

9:30~18:00

 

定休日

日曜日、月曜日

 

電話番号

053-485-0456

投稿日:2020/05/13   投稿者:名倉