シロツメクサ | 浜松市周辺の不動産をお探しならニイノプラン 第一支店にお任せ下さい。

浜松賃貸ネット【(株)ニイノプラン】
シロツメクサ

春から初夏にかけて見かける、シロツメクサ(白詰草)。江戸時代、海外から送られ

てきたガラス器の箱に詰め物として入ってきたのが名前の由来だそう。この前、公園

のベンチに、シロツメクサで編まれた花輪の冠が置かれているのをふと目にしまし

た。ベンチに置かれたその絵面がきれいで印象的だったのでついつい写真を撮りたく

なりました。近くに、赤紫色の花のムラサキツメクサ(紫詰草)も咲いていました。

こちらは明治時代に渡来し、牧草として使われていたのが野生化したそうです。

投稿日:2022/05/25   投稿者:-